Survey_Item調査一覧と事例





Plan Example事例とプラン例


外泊が増えた夫の浮気調査(調査員1名プラン)



依頼者からの相談内容

依頼者は30代後半の2人のお子さんがいる主婦。40代前半の夫は営業職で元々帰宅するのが遅かったが、最近では夜中過ぎに帰宅するようになり、会話も減ってすれ違いの生活を送るようになった。

ある日、突然夫から「お前とは合わないから離婚しよう」と告げられた。なんで?と聞き返しても「合わないから」と繰り返すだけで具体的な理由もなく、徐々に外泊も増えていった。

そこで依頼者は寝ている夫のスマホのロックを解除して見てみると、特定の女性と「早く一緒に暮らしたいね」などというLINEの内容が見つかり、裏切った夫も浮気相手も許せず浮気の証拠を得るために調査を依頼することにした。


GPSで車を監視

依頼者は弁護士に頼んで慰謝料を請求したいとのことで不倫相手と宿泊施設などに複数回の寝泊まりした不貞の証拠が必要と説明。

ただ依頼者は弁護士費用もご両親からお借りするので調査にあまり費用が掛けられない。

ご主人は建築関係の仕事で必ず自家用車で行動するとのことなので当社のGPS(レンタル料無料)を依頼者に渡して夫の車に設置してもらい監視することに。

依頼者に外泊が多い曜日を教えてもらいGPSで行動を確認することにした。


事前調査で車の駐車位置を特定

話しの内容から女性宅に上がりこんでいる可能性が高かったのでGPSで監視していると、帰宅しない日はご主人の車は決まって同じ場所に停まっていることがわかった。

現地に向うと住宅街のコインパーキングに駐車されており、状況から付近に寝泊まりしている不倫相手の自宅があると推測された。


浮気の証拠撮り

ご主人の車がいつも停まっているところがわかったので外泊が多い週末に合わせて調査をすることに。

コインパーキングで張り込んでいるとご主人が車で現れ、助手席には女性が乗っているのでツーショット写真を撮影。

ご主人は駅で女性と待ち合わせていたようで、とあるマンションの一室に一緒に入室。女性が部屋の鍵を開けていたので女性の住まいと推測された。

様子を見ていると深夜に部屋の電気が消灯したので就寝したと判断して調査を一旦中断。

ご主人の出勤時間に合わせて朝から再開することに。

女性に見送られて出掛けるご主人を確認し、女性宅に寝泊まりしている証拠を撮影した。


調査の手法

依頼者に帰宅しない曜日をチェックしてもらい、GPSで出勤時間などのスケジュールを把握。

勤務先から調査をすると外仕事なので直帰される可能性があり、一日中尾行すると最悪は警戒されて証拠が取れずに調査が終わってしまう恐れがある。

依頼者にも協力してもらうことで1週間通して行動パターンや寝泊まりしているであろう場所を把握。

時間の浪費や空振りなどすることなく最小限の費用で3回の女性宅に寝泊まりしている証拠を撮影することに成功した。


調査料金
調査員1名 6,000円×4時間×3日間+経費
合計74,000円(GPSレンタル料無料)





同僚と不倫している妻の浮気調査(調査員2名プラン)



調査依頼に至った経緯

「妻の態度が最近なんだかよそよそしくなってきて、浮気しているんじゃないかと疑っているんです」と相談にきたのは30代後半の夫。

30代前半の妻は都内の大手に勤めており2人の間にお子さんはおらず、依頼者は40歳になる前には子どもが欲しいと考えていたので「そろそろ子供をつくらないか」と妻に相談した。

すると妻からは仕事が忙しいからと子供を作ることを拒否。以前から夜の営みは少ないほうだったが妻に拒否されたことが相当ショックだったらしく、それから互いの距離を感じるようになっていった。

それから妻は仕事が忙しいと言って帰宅時間が徐々に遅くなり、休日は1人で行先も告げずに出掛けることが増えた。

ある日、何気なく妻のバッグを見ると中から避妊薬や行ったこともないレストランの領収書が見つかり、浮気しているとのではないかと疑うようになった依頼者は当事務所に相談に訪れた。


事前調査と調査方法

妻の休みは土日祝日で休みの日はいつ出掛けるのかわからないので空振りする可能性もある。平日も同様早く帰ってくることもあるので、帰りが必ず遅い金曜日に調査を実施することにした。

妻の勤め先があるオフィスビルはセキュリティゲートがあるエントランスロビーが地下1階と1階と2階にあり、地下から駅に直結で建物の出入口も複数あるが予算の都合で調査員2名で調査を行う為、朝の出勤時の服装や通勤ルート(事前調査として無料)を確認することに。

通勤ルートやオフィスビルに入る出入口が分かり出勤するのを見届けたので、退勤から調査を再開することに。

二手に別れ出勤時に利用した地下1階のエントランスロビーとタクシーを利用するとの情報なので1階の出入口で張り込むことにした。


浮気の証拠撮り

妻は地下1階のエントランスロビーからオフィスビルを出ると電車内で男性と接触。繁華街の居酒屋を利用すると酒が入ったからなのか手を繋いで寄り添って歩く2人。

そのままタクシーで移動して、ラブホテルに入ったので言い逃れのできない不貞の証拠を撮影した。

その後、駅で抱き合うと男性が対象者を見送って別れたので男性に尾行を切り変えて自宅を判明させた。


不倫相手の身辺調査

男性の勤務先を判明させるために割り出した自宅から調査を開始することに。

男性は単身者のようでゴミを持って自宅を出ると対象者と同じオフィスビルに入っていった。

対象者の会社のHPなどを調べると社員情報に不倫相手の顔写真が掲載されており同僚だと判明。社内不倫であった。


調査のおさらい

妻の勤務先があるビルは大型複合商業施設で本来であれば出入りを確認するには最低でも調査員4名いなければ捕捉できない可能性があった。

ただ、依頼者との打ち合わせで妻が勤務先ビルの出入口は毎回同じところから出退勤しているという話しを覚えており、性格上警戒心も低いとのこと。

出勤時の服装やいつも利用する勤務先ビルの出入口がわかれば、人の往来が多いところでも対象者を捕捉することは可能である。

また、移動手段(タクシーの利用)などの細かい情報を聞いておくことによって調査車両を用意して対応できるようにした。


調査料金
調査員2名×6,000円×7時間(朝の2時間は事前調査として無料)+経費=
合計87,000円




交際3年の彼氏の浮気調査(定額プラン)



依頼者からの相談内容

依頼者は30代前半の女性。交際3年目の同棲している彼氏が最近、無断外泊や帰宅が遅くなることが増えてきており、自宅から身に覚えのないマンションの賃貸契約書や空の領収書が大量に出てきた。

「どこに泊まっていたの?」と聞くと「仕事が終わるのが遅くて漫画喫茶に泊まっていた」と言われ、それ以上聞いてもはぐらかされるばかり・・・

不信感の募ったままでこのまま結婚してもいいのかと悩んでおり、結婚の判断基準にしたいということで調査依頼に至った。


依頼者にヒアリングと調査方法の提案

彼氏は大手イベント会社に勤務でイベントなどの外回りに出ることがあり直行直帰も多いとのこと。

ただ依頼者の協力者が同僚にいて彼氏のスケジュールを把握することができるのでその日のスケジュールに合わせて調査を行うことにした。

依頼者は月~金の約1週間調べてほしいとの要望だったが予算の都合があったため、定額プランを提案。

1週間のスケジュールや当日の出勤時の服装や持ち物を教えてもらい、直帰や同僚男性と飲みに出掛けた時は調査員の判断で調査を打ち切り、怪しい動きをした日に調査を継続することにした。


風俗通いと不正請求

1週間調査をした結果、自宅と勤務先の往復だったが、2回ほどとあるマンションの一室に入っていった。

表札も郵便物もないので内偵調査した結果そこは無許可営業のメンズエステ店で特定のスタッフと懇意にしており、自宅にあった大量の領収書もそこでもらい勤務先に不正に経費を請求している様子であった。

同僚曰く不正請求の話は社内でも噂になっていたみたいで、調査結果を見た依頼者は別れることを決意した。


調査のポイントとコツ

イベント会場など出入口が複数箇所あり、人の出入りが多いところだと調査対象者の確認が難しいので出掛ける際の服装や持ち物を依頼者に教えてもらい、何も結果が得られなさそうな日は早々に調査を打ち切り、効率よく調査を行った。

ただし、浮気相手が勤務先の同僚や近所に住んでいる場合があるので調査を打ち切る判断は長年の経験が必要であり、判断を見誤ると何も結果が得られないことがあるので注意が必要だ。

調査料金
通常は調査員2名×6,000円×35時間(5日間)
420,000円以上かかるところが
定額プランの1日5万円×5日間=合計250.000円(税込み)
で費用を抑えることができた。




仕事に行くふりをして男と密会している妻の浮気(調査員3名バイク2台プラン)



依頼者からの相談内容

依頼者は30代後半の夫。共働きの30代前半の妻とは家庭内別居中で近々、離婚をする予定で現在は話し合いをしている最中との事。

妻は昔から不倫していたようで、そのことでしょっちゅうケンカをしており、改めない自己中心的な妻に嫌気がさした依頼者は離婚することを決意。

ただ今までは男とのメールのやり取りや知り合いからの話しを聞いていただけで浮気の確たる証拠がなく、優位に離婚するためと妻をぎゃふんと言わせたく当事務所に相談に訪れた。


調査の段取り

妻は特定の男性とLINEをしており、内容を見ると有休を使って会う約束をしているらしく平日の昼間に相手が車で迎えにくるらしい。

ただ、待ち合わせ場所までは特定することができず、どこで不倫相手の車に乗り込むのかわからないので都合よくタクシーなどがいなければ失尾してしまう可能性が高い。

電車で移動して遠方の駅でピックアップされてしまう場合、調査車両が車では間に合わないので機動性があるバイク2名、徒歩1名の計3名で調査を実施することにした。


ビジネスホテルの利用

依頼者の言う通り、妻は仕事と言い朝の出勤時間に出掛けると周りをキョロキョロと警戒しながら電車でだいぶ遠くの駅まで移動。

駅から出ると迎えに来た車に乗り込んだのでバイクで即座に対応。そのままビジネスホテルを利用したので2人でチェックインする様子と同じ客室に出入りする証拠を撮影。

チェックアウト後、直ぐ別れたので男性マークに切り替え自宅を判明した。


調査のポイント

依頼者には問い詰めなどせずに普段と変わらない生活を送ってもらったが、調査当日の妻は周りを見回すなど知り合いがいないか気にしている様子であった。

自宅からかなり離れたところで男性と会っていたのも知り合いにみられないようにするためだと思われ、どこに車が迎えに来るかわからないので徒歩班とバイク班は常に連携を取り合い慎重に調査をすすめた。

対象となる人物が警戒している場合、尾行しているのが気づかれると会うのをやめたりホテルに入ってもチェックインせずに出てきてしまう可能性があるので人員や車両を増やして認識されないようにしつつ、尾行を継続できるようにした。


調査料金
調査員3名×6,000円×12時間+経費=
合計224,000円(車両代無料)


無料相談はこちらから

ひとりで抱えこまないでください。
初めての方でもまずはお気軽にご相談ください。
(24時間受付)

045-332-1236

LINEで相談 電話で相談 メールで相談


 

365日/24時間受付

LINEで相談 TEL